記事一覧

T-Trakで想像&創造の旅2018 vol.58 ~ ”仮置きの地面”とおさらば。。。です。

”T-Trakで想像&創造の旅2018”の続きです。

前回は。。。
18JN13_dscn0850.jpg
可動橋をわたりきったその先を表現すべく
”羽田D滑走路方式”で造成した土地の地表面に
道路&敷地の塗り分けを行ったお話でした。

さて、今回は。。。
この部分の作業をさらに進めます。

実はこの地表面、まだ陸地に固定してなかったんです。
昨日の作業もまさに仮置き状態で進めてたわけで。。。

陸に完全固定してしまうと塗装の手直しなど
地表面を分離して作業した方が効率が良い場面も
まだまだありうる。。。なんてことも考えていたもんで。

昨日の作業も無事完了して
もう分離したままにしておく必要もなくなりましたので
腹をくくって?陸地に固定することにします。

作業は至って簡単。
陸地であるスチレンボードとの接触面に
木工用ボンドを塗りたくって貼っておしまい。。。であります。

見た目は仮置き時とあまり変わり映えしませんが。。。
まずは右側の部分から参ります。
18JN14_dscn0874.jpg
あ!
もう貼り終わってました。
18JN14_dscn0875.jpg
そうそう、既に位置合わせの確認も済んでますので。。。
18JN14_rscn0880.jpg
コレも固定してしまいましょう。
組み込んでからの作業はしずらいので
パーツ単体の状態でウェザリングも済ませてあります。

橋台の壁面&地表面の裏面と接触する部位に
少量のゴム系接着剤を塗布して。。。
18JN14_dscn0879.jpg
嵌め込みました。

最後は左側の地表面。
右側と同様にして。。。
18JN14_dscn0881.jpg
こちらも取り付け完了です。
18JN14_dscn0885.jpg
もう仮置き状態だなんて。。。言わせません!?

とりあえずココに建つ建物を載せて
眺めてみることにしましょう。
18JN14_dscn0886.jpg
大分、立体的になって参りました。

そろそろ
あそことあそこに手を入れないと。。。

”T-Trakで想像&創造の旅2018”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事