記事一覧

T-Trakで想像&創造の旅2018 vol.52 ~ すみません、隣接工区に合わせました。。。

”T-Trakで想像&創造の旅2018”の続きです。

前回は。。。
18JN07_dscn0714.jpg
1・2・4・12。。。で
とあるモノを製作いたしました。

え?
これ、どこに使うのかって?
それは。。。
本日の記事の最後に
ご紹介することにしましょう。

さて今回は。。。

大地創造プロジェクト?
”門形支柱のある側の陸地編”の続きであります。

すでにご覧いただいておりますように。。。
18MY30_dscn0411.jpg
ここまでできあがっております。

今回はスチレンボードが丸見えの盛り土部分に被せる
地表面を加工して参ります。

地面を表現するには様々な方法がありますが、

隣接する桟橋側の地面に合わせまして。。。
18MY30_dscn0407.jpg

18MY30_dscn0410.jpg
プラ板を張り付けて地表面にしてしまおう!
こう考えまして。。。。

そのココロは。。。

取り外し可能な桟橋の地表面と盛り土のそれとを
うまく噛み合うようにしたい!
ただそれだけであります。

早速参りましょう!
まずは出来上がっております盛り土の平面形状を。。。
18JN08_dscn0712.jpg
メモ用紙でトレース、型紙よろしく
ハサミで切り抜きます。

ん?
てことは。。。
あの手法で?

はい。
曲線道路の加工でもやりましたが、
たいやきやいた名物?ローテク転写で参ります。
18JN08_dscn0715.jpg
”型紙”をプラ板に貼り付けて。。。
18JN08_dscn0717.jpg
マジックで縁をなぞり。。。
18JN08_dscn0720.jpg
剥がして転写完了!

さらに丁寧にカットすれば。。。
18JN08_dscn0721.jpg
地表の出来上がり!

あとは塗装をかけて地面らしく見せれば。。。

その前に、
未塗装の状態ではありますがとりあえず盛り土部分に被せて
隣接する桟橋部分との取り合いを確認してみます。
18JN08_dscn0723.jpg
うまい具合に噛み合ってくれたようです。
やれやれ。

え?そこに見える階段はもしかして。。。ですって?

ピンポーン!
18JN08_rscn0725.jpg
陸地から水路面に降りるための階段。。。でした。

ところで。。。
18JN08_dscn0723.jpg
写真に写ってるリード線らしきものは一体何?。。。ですって?

そ、それは。。。

”T-Trakで想像&創造の旅2018”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

どこだどこだと思ったら!

今回のレイアウトで階段…う~む…どこだどこだ?もしかして…水路?なるほど!
これも最終的には重量感を増して、水辺だけに苔で汚れてしまったりするのでしょうか。楽しみです♪

Re: どこだどこだと思ったら!

中林20系 様

こんばんは!
ただ漫然と水路の護岸を創るのは面白くない!とばかりに
こんなところに階段をつけてみました。

ご推察の通り、これからしっかり汚していきますよ!

どうぞ、お楽しみに。。。!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事