記事一覧

T-Trakで想像&創造の旅2018 vol.42 ~ 黒、黒、黒。。。光を漏らさぬ鉄壁の守り?

”T-Trakで想像&創造の旅2018”の続きです。

可動橋の周りの建物、左側と同様に右側も。。。
18MY28_dscn0340.jpg
GM製キット”木造商店”に大幅に手を加えて。。。
18MY28_dscn0383.jpg
あっという間に?”どんがら”が完成!。。。そこまでご覧頂きました。

早速、ボード上に置いて見え方を確認したいところですが
その前に。。。

このタイミングを利用しまして
塗りむらを気にせず、筆塗りだけでざっと塗れる部分を
塗ってしまうことにします。

それは。。。

電飾を点灯した際の遮光対策としての黒塗り塗装であります。

GM製キットの場合、外面塗装だけでは電飾の光が透けますので
建物の内側にアルミテープを貼る、
あるいは黒や茶色系統の色を塗るなどの対策が必要です。

特に今回の建物では変な形状にすべく
0.5mm厚のプラ板から切り出した壁や天井を多用してますので
そこから光が漏れる・透ける。。。なんてこともありうるワケでして。。。

そこで早速。。。
18MY29_dscn0375.jpg
こんな具合に塗ってしまいました。

個別に見て参りましょう。

まずは可動橋の管理棟から。
18MY29_dscn0376.jpg
こちらは第一号レイアウトの遺品?に手を加えましたので
壁の内外や屋根の外面には既に色がついてましたが、

今回改めて屋根の内側、
そして追加しました天井の片面を黒く塗ってみました。

ちなみに。。。
天井だけ、あるいは屋根の内面だけ黒!だとうっすら光が漏れます。
これはコルクボードレイアウトで経験済み。。。でして。。。

窓ガラスとして後日透明のセル板を取り付ける都合上、
天井、そして屋根はまだはめ込むだけにしておきますが。。。
18MY29_dscn0377.jpg
あらかじめ天井を屋根にかませて。。。
18MY29_dscn0378.jpg
かぱっと嵌めればあたかも何事もなかったような風情?

続きまして。。。
18MY29_dscn0379.jpg
可動橋の左側にある木造商店。

こちらも第一号レイアウトの遺品からの改造品ですので
外面には元の塗装が残っておりますが、
先ほどと同様に天井、そして屋根の内側を黒塗りしました。

屋根を被せれば。。。
18MY29_dscn0380.jpg
ご覧の通り!
おっと!忘れてました!

背面の壁も。。。
18MY29_dscn0381.jpg
真っ黒にしております。

そして。。。
18MY29_dscn0382.jpg
右側の建物も同様でして。。。
18MY29_dscn0384.jpg
こちらはサラピンのキットをベースにしてますので
プラの地肌が剥き出しですが、
屋根、天井そして背面の壁。。。と順に黒塗り。

以上で全ての建物の遮光対策、完了です。

お待たせしました。
それでは昨日組み上がった右側の建物も含め、
3棟全てT-Trakのボード上に載せてみます。
18MY29_dscn0385.jpg
思い描いていたイメージに少し近づいて参りました。

ここまで建物の全景が姿を現したとなると
肝心の地面、早々に構築しなければ。。。

”T-Trakで想像&創造の旅2018”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事