FC2ブログ

記事一覧

T-Trakで想像&創造の旅2018 vol.40 ~ 変な形状の訳は。。。?

”T-Trakで想像&創造の旅2018”の続きです。

”帯に短したすきに長し。。。”の木造商店。
GM製キットそれを縮め加工して対応すべく。。。
18MY26_dscn0315.jpg
埋めて囲んで。。。
18MY26_dscn0354.jpg
ここまで終わっております。

ところで。。。この建物、なんでこんないびつな形状なの?

そこで今回は。。。
その謎解きがてら、
加工中の木造商店をT-Trakボード上に置いてみることにします。

設置するのは。。。
18MY27_dscn0323.jpg
ここでありまして。。。

少しズームしてみましょう。
18MY27_dscn0326.jpg
可動橋の右側にある小さめの建物、
KATOちゃん製の木造商店は忘れてください。
とりあえず置いてみただけで、本ちゃんには使いません。

着目していただきたいのは可動橋の左側であります。

もうちょい、ズーム!
18MY27_dscn0328.jpg
管理棟のすぐ隣にあるのが
例の建物です。

こんな風に見えるようにしたかったわけでして。。。

一見、片方は切妻&もう片方は斜めに流れた屋根が特徴的な
まるまる1棟がそこに鎮座してるかのようですが、
実態は。。。
18MY26_dscn0354.jpg
昨日までご覧いただいたように
屋根は途中でカットされて内側が丸見え!
壁も斜めにとりついてる。。。だと?

お待たせしました。
そのわけは。。。
2cvtddscn9319.jpg
この影響に加えまして。。。
2cvtddscn9486.jpg
このプラン!

可動橋を完全にTーTrakを想定して設計しておけば
もう少し橋の長さを短く、そして建物を設置する部分の面積を
もっと広くとることができたのですが。。。

そもそもは低速ギアボックス&ケーブル1本だけで動く可動橋、
そのメカニカルな動きの面白さに魅せられて
どこに設置するか?はよく吟味せずに創ってましたので。。。

しかも。。。

基本構造が出来てから桁の開閉テストを行ったところ
桁が軽すぎてスムーズに降りない事態が発生!
2cvtddscn6072.jpg
やむなく桁の先端におもりを仕込むべく。。。
2cvtdrscn7874.jpg
橋桁を延長。。。
なんてこともありまして、
橋のサイズがどんどん大きくなり。。。

そのときのしわ寄せがまわりまわってこんなところに!
フルサイズの木造商店の模型、
そのままではもう、収まりきれません。

ただ、冷静に考えますと。。。

眺める視点はあくまで線路から手前側。
線路の向こう側や可動橋の背面から。。。ではありません。

てことは。。。
眺めたときにその存在が認識できればいいではないか!

もっと言えば。。。

フルサイズでなくても正面だけ、
あるいは正面+側面の一部が見えれば
それ以上は必要ないのでは?

そこで。。。
18MY25_dscn0244.jpg
設置したいスペースに収まるよう
屋根壁を大胆に切り刻んで。。。となった訳でした。

これでうまく収まらなかったら
ショック大!でしたが。。。
18MY27_rscn0334.jpg
無事に収まってくれて一安心。

可動橋の左側に設置する建物、
細部構造や塗装などまだこれから。。。ではありますが、
とりあえず設置の目処がたちました。

次に考えねばならないのは。。。

今仮にKATOちゃん製を置いてますが、
可動橋の右側の建物をどうするか?です。

左側がこうならやはり。。。?

”T-Trakで想像&創造の旅2018”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事