記事一覧

T-Trakで想像&創造の旅2018 vol.38 ~ カット&縮めて。。。?

”T-Trakで想像&創造の旅2018”の続きです。

前回は。。。
18MY24_dscn0236 (2)
可動橋のまわりに設置する建物について
あーでもないこーでもないと考えてみたお話。

レトロな木造建築。。。で落ち着きましたが。。。
18MY24_dscn0255.jpg
”帯に短し たすきに長し”。
結局、手元にあるGMキットの残骸からどうにかすることに。
18MY24_dscn0241.jpg
これで。。。うまくいくのか?

さて、今回は。。。
前回の続きを。

屋根瓦を斜めにぶつ切り、
正面の壁と思しきパーツも上下方向(高さ方向)だけでなく
長手方向もばっさり!

え?高さを低くするだけじゃないの?
はい。
実はそうでありまして。。。

その目的は。。。追々分かっていただけるかと。。。

一旦切り刻んだ各パーツ、
不要な部分は廃棄、
必要な部分は所定の寸法になるよう切削加工。

さらにプラ棒で補強を施して。。。
18MY25_dscn0242.jpg
いくつかのまとまりのあるパーツに変身!

あとは元のキットに倣いまして
立体組みしていきます。
18MY25_dscn0244.jpg
これからさらに加工が必要なので
屋根は載せるだけにして。。。
18MY25_dscn0245.jpg
じゃーん!

まだ窓なし&背面の壁なしで
まるで廃屋のようですが
とりあえず建物の全体形状が姿を現しました。

ここで昨日同様、建物の高さチェックを。

まずはKATOちゃん製の木造商店との比較。
18MY25_dscn0252.jpg
KATOちゃんの方はベースの取り付け用のツメ5mm分、
下駄を履いていますが。。。
18MY25_dscn0253.jpg
二階の軒先のあたりまでほぼ同じレベル。
屋根の深さの差が効いて
今回加工した建物の方が高い。。。そんな感じですね。

続きまして今回の建物の元となった
GM製の木造商店と比較してみます。
18MY25_dscn0249.jpg
お!
随分、低くなったなあ。。。

真正面から眺めてみます。
18MY25_dscn0250.jpg
先ほどのKATOちゃんとの比較とは逆に、
今度は屋根は共通、
壁の高さの差が全体の高さに効いています。
サイズ的にはこれくらいの高さでよさそう。

実測してみますと。。。
18MY25_dscn0248.jpg
お!
18MY25_rscn0251.jpg
5mmほど低くなったようです。
てことは。。。

5mm x 150 = 750mm

75cm。。。か。。。
もっと下がったように見えましたが。。。

次に可動橋の管理棟と並べてみます。
さあ、どうだ?
18MY25_dscn0268.jpg
お!
管理棟のバックに木造商店が。。。なんて見え方、
描いていたイメージにぴったり!です。

であれば。。。

”T-Trakで想像&創造の旅2018”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事