FC2ブログ

記事一覧

できるかな?可動橋を創る。。。vol.76 何故かホクロが二つ。。。?

”できるかな?可動橋を創る。。。”の続きです。

これまでただ橋桁に載せるだけだった高欄、
ようやくにして。。。
3cvtddscn9653.jpg
橋桁にしっかり固定できた!。。。前回はそこまでご覧いただきました。

さて細々としたパーツの取付けもいよいよ今回が最後であります。
その締めくくりを飾りますのは。。。
3cvtdrscn9683.jpg
こちら!

え?
ホクロが二つ??

種を明かしますと。。。

以前、コレクションケースに収まる情景の製作の際に
多めに切り出しておりましたプラ製のφ3mmの円盤、
それを。。。
3cvtdrscn9676.jpg
つや消しの黒で塗ったモノです。

さて、これをどこに取り付けるのか?と申しますと。。。
3cvtddscn9684.jpg
ここに!であります。

え?
どこどこ?
なーんて声が聞こえてきそうですが。。。

百聞は一見にしかず。
細かい話は取付け後の状況をご覧いただいてから。。。にしましょう。

では参ります。

えいっ!
3cvtddscn9685.jpg
こうなりました。

覚えていらっしゃいますでしょうか?

可動橋の橋桁を巻き上げる際に
巻き上げすぎて門形支柱に激突、支柱もろとも倒壊!
なんて事態にならないよう、ストッパーを取り付けておりました。

プロトタイプにした実物の可動橋では
その接触面に衝撃吸収用の緩衝材(クッション)が設けられておりまして、
小さいながらも見た目的にもなかなか良いアクセントになってまして。。。

ならば表現しない手はなかろう!
そう考えまして今回ご覧頂きましたのが”二つのホクロ”。。。でした。

恐らく今回の可動橋で最も小さなパーツかと思います。
ただ、設計&製作した本人にとってはコレを設置しただけでも。。。
3cvtddscn9688.jpg
何か大きな仕事をしたかのような、感慨深いモノが。。。

現場合わせで製作&据え付けが必要な部品を除きまして、
これで可動橋本体にあるべきパーツ全ての設置が完了しました。

”できるかな?可動橋を創る。。。”、
いよいよゴールが見えてきた。。。かも?

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事