FC2ブログ

記事一覧

できるかな?可動橋を創る。。。vol.71 進め!薄茶色13号!?

本日は可動橋本体の話題ですので
”できるかな?可動橋を創る。。。”で参ります。

可動橋の製作もいよいよ塗装の段階に。
既に。。。
2cvtddscn9511.jpg
橋台&舗装面、そして手摺や機器など小物の塗装まで終わっております。

さて、今回ですが。。。
可動橋本体。。。
すなわち桁&門形支柱およびそれに関する付属物の塗装、
それも本ちゃんの塗装を施します。

既にご紹介しておりますが塗る色は。。。
2cvtdrscn9384.jpg
低彩度&暖色系のこの色。
レッドブラウン&白で調色した薄茶色です。

ちなみに、手元の資料で国鉄標準色で似たような色がないか調べてみましたら。。。
何と!どんぴしゃな色がありました。
それは。。。”薄茶色13号”。

何でも寝台特急(ブルートレイン)のA寝台車である
オロネ25の寝室の天井に使われた色だそうで。。。

閑話休題、
舗装面やパイプ同士の噛み合わせ部分をマスキングテープで養生してから
早速エアブラシで一気に吹いて参ります。

毎度のコトながら途中経過は割愛しまして
結果ポンで参ります。

結果。。。
3cvtddscn9524.jpg
ポン!

こんな感じになりました。

はやる心を抑えつつマスキングテープを剥ぎ取りますと。。。
3cvtdrscn9527.jpg
2色の塗り分けが姿を現しました。

折角ですから、塗り上がったパーツを組んで立体にしてみましょう。
そうそう、昨日ご覧いただいた手摺ものっけてみますか。。。
3cvtddscn9531.jpg
お!
こ、これは。。。

視点を下げてややズーム気味で改めて。。。
3cvtddscn9533.jpg
おお!
プラの素材剥き出しのままの状態ですと
何だかなあ。。。なんて思ってましたが、

色がつくと各段に風格が増しますね。
ただ。。。
色のトーンが思った以上に明るい?

薄茶色。。。というよりこれだと薄ピンクではないか!
うーん。。。
イメージとちょっと違った。。。かな?

気になったので。。。
3cvtddscn9538.jpg
T-Trakのボードにも載せてみました。
3cvtddscn9543.jpg
うーん。。。やはり淡い。。。

樹木や手持ちの建物も置いたら
雰囲気は変わってくるかも。。。
やってみますと。。。
3cvtddscn9553.jpg
撮影時の露出の影響なんでしょうか、
さらにピンク度がUP!?

いやー、こりゃ参ったなあ。。。

ちょっと早めだけど
あの処理を施して色のトーンを変えてみるか。。。。

”できるかな?可動橋を創る。。。”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事