記事一覧

できるかな?可動橋を創る。。。vol.70 待ちに待った塗装?まずはコンクリ&舗装の下地から。。。

今回は可動橋だけのお話になりますので
タイトルは”できるかな?可動橋を創る。。。”で参ります。

前回は。。。
2cvtdrscn9372.jpg
橋の色について。
随分悩みましたが結局。。。
2cvtddscn9438 (2)
腹をくくって?この色で行こう!。。。そこまでご覧頂きました。

さて、今回ですが。。。
待ちに待った?塗装作業にとりかかります。

橋桁、門形支柱、そして橋台。
すべて一色で済むのなら楽なのですが、
そうは問屋が卸しませんでして。。。

手順を誤ると塗り分け作業が繁雑になったり、
手戻りが発生するなんてことにもなりかねません。

そこで最初は比較的マスキングが楽な橋の舗装部分、
そして同系統の色を使う橋台から参ります。

では、早速。。。

舗装やコンクリートの独特の質感、
あのざらざら感を出したいがために
缶サフ(サーフェイサー)を遠くからまぶすように吹き付けます。

まずは。。。
2cvtddscn9473.jpg
こちらが作業前。

次に途中経過は。。。省略しまして
結果ポンで参ります。

結果。。。
2cvtddscn9477.jpg
ポン!

写真ですと質感までなかなか分かりづらいですが、
とりあえず下地処理、完了です。

白一色からようやく白&グレーの2色に変わったことですので
各パーツを組んで様子を見てみましょう。

まずは。。。
2cvtddscn9481.jpg
門形支柱&それがとりつく橋台から。

あ!実は背景版の修正作業を始めておりまして、
マスキングテープや背景版表面の凹凸が写ってしまいました。
お見苦しいところ申し訳ありませんが、何卒ご容赦のほど。。。

そして。。。
2cvtddscn9482.jpg
残りの部分を組んで参ります。
まだ下地のグレーしかありませんが、
2cvtddscn9483.jpg
それでも白一色の時に比べて
ちょっとだけリアルに近づいてきたような。。。
何だかワクワクです。

なお、今回処理した部分については
後日上塗り塗装としてより明るいグレーを
吹き付けていきます。

”できるかな?可動橋を創る。。。”、
T-Trakと並行作業ではありますが、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事