記事一覧

できるかな?漁船を造る。。。vol.3 船尾の嵩上げだけなのに何故かワクワク。。。

”できるかな?漁船を造る。。。”の続きです。

前回は。。。
2cvtddscn9040.jpg
船縁の加工をご覧頂きました。

さて、今回ですが。。。
船尾あたりがまだ寂しいので
今回はそのあたりを。。。

まず用意いたしますのは。。。
2cvtddscn9041.jpg
プラ棒で組みました板状のピース2枚。

あ、コメントし忘れるところでした。
前回製作した船縁のあたり、
船首と中程の部分との段差が残ってましたので
ピースを用意している隙にヤスリでごりごり整形しております。

で、このピース2枚をどう使うかと申しますと。。。
2cvtddscn9049.jpg
2枚を重ねまして船尾部分にかぱっとはめ込み、
船縁と面一の甲板にする。。。でありました。

おや?
何かキニナルパーツが手前に?
2cvtddscn9050.jpg
プラ板の縁にプラ棒を風車状に接着している?
ということは。。。
もう、お察しの通り。

突出したプラ棒を切り落として。。。
2cvtddscn9052.jpg
このようなパーツを1個製作します。

これを先ほど船体に嵌め込みました甲板の上に載せることで
キャビンを設置するためのベースにしよう!
てな企みでして。。。

早速船体に載せまして
T-Trakボードの仮想の水路?に浮かべて眺めてみましょう!
2cvtddscn9060_boat.jpg
まだキャビンや付属物、さらに色も何もついて無い状態。
しかも。。。発泡スチロール&ウレタンの護岸に木目剥き出しの水面。
完成にはまだまだほど遠い状態。

それでも。。。
稚拙ながらも船らしき形が姿を現しただけでも
胸が高鳴るのは何故なんだろう。。。

”できるかな?漁船を造る。。。”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事