記事一覧

できるかな?可動橋を創る。。。vol.60 維持管理用ステージまわりの手摺、ゴール!

”できるかな?可動橋を創る。。。”の続きです。

前回は。。。
2cvtddscn8620.jpg
門形支柱の頂部に機器を搭載するスペースを確保すべく
前面に張り出しステージを設けたところまでご覧いただきました。

さて、今回ですが。。。
維持管理ステージまわりの手摺、
残りの部分を全て取り付けてしまいましょう!

作業要領はこれまでご覧頂いた通り。。。
2cvtddscn8627.jpg
現物合わせで手すりを製作して
所定の位置に慎重に貼っていきます。

まずは昨日ご覧頂いた
張り出しステージから参りましょう。

この部分、まだ取り外しが可能な状態でして、
一旦門形支柱から取り外して2面だけ手摺を取付け。

試しに門形支柱に戻して具合を見てみます。
2cvtddscn8628.jpg
おお!まだ2面ですが
取付け前に比べて立体感がぐっと増してきました。

これで気をよくしまして残り1面も設置していきます。
さて、出来具合は?
2cvtddscn8629.jpg
ゴールが見えて参りました。

では、一気に参ります。
作業がしにくいので先ほどの張り出しステージを一旦外します。

残りの短いピース2枚を慎重に貼り付けて行きますと。。。
2cvtddscn8632.jpg
こんな具合!
これで維持管理用ステージまわりの
全ての手摺、設置が完了しました。

おっと!
取り外した張り出しステージを戻すの忘れてましたね。
では改めて。。。
2cvtddscn8635.jpg
手摺設置、完了です!

小さいパーツでしたが、
いやはやここまでこぎ着けるのに時間がかかりました。
なにはともあれ、ほっと一安心。。。であります。

”できるかな?可動橋を創る。。。”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事