記事一覧

できるかな?可動橋を創る。。。vol.57 手摺現物あわせシリーズ?、スタート!

”できるかな?可動橋を創る。。。”の続きです。

前回は。。。
2cvtddscn8540.jpg
検査路から頂部の作業ステージへの
アクセスを考慮しまして
検査路に梯子を取り付けたお話でした。

さて、今回ですが。。。
まだまだ続く手摺の整備。

今回からしばらくは
出来上がっております門形支柱本体の寸法にあわせて、
すなわち現物合わせで手摺を製作して
順々に取り付けて参ります。

今回製作しましたのは。。。
2cvtdrscn8556.jpg
ご覧のような長さの短い手摺、4個。
しかも。。。これまでと違って
何だか怪しげな形。

では、早速取付け作業に参ります。

まずは。。。
2cvtddscn8557.jpg
昨日の梯子と関係しますこの部分。

背面からバッチリ見られることはなかろう!という
超割り切り設計でして。。。
2cvtddscn8558.jpg
既設の手摺の上に重ねるようにぺたり!

門形支柱の表側から眺めている限り、
まさかこんなディテールになっているとは
よもや思いますまい。。。

続きまして。。。
2cvtdrscn8562.jpg
こちらの”E”の字状の手摺。

取り付ける場所は
門形支柱の表側、向かって右側端部であります。

ここはケーブルを通すプーリーと干渉するため
短い区間で細かく刻んでいこう!
そんな企てであります。

慎重に位置決めをして。。。
2cvtddscn8564.jpg
ぺたり!
無事取付きました。

ということは。。。
2cvtdrscn8569.jpg
左右対称であるが故、もちろん左側も!
今度は”ヨ”の字であります。

こちらも先ほどと同様に。。。
2cvtddscn8570.jpg
ぺたり!

手摺の設置作業、
残るは正面真ん中あたりの区間だけ!
になりました。

あれ?
もしかして。。。1個付け忘れてた?

”できるかな?可動橋を創る。。。”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事