記事一覧

できるかな?可動橋を創る。。。vol.55 墜落災害防止にここでもあの設備?を。。。!

”できるかな?可動橋を創る。。。”の続きです。

維持管理設備シリーズ、
前回は網型支柱頂部の
作業ステージの整備としまして。。。
2cvtdrscn8523.jpg
補強材を取り付けたお話でした。

さて、今回は?
2cvtdrscn8519.jpg
作業ステージがこの状態のままですと
墜落災害を招きかねませんので
ここにもあの設備?を設けます。

それは。。。手摺。

既にご覧いただいております
梯子や検査路の手摺と同様に。。。
2cvtddscn8530.jpg
プラ棒からこのような手摺を製作しておきます。

作業ステージへの設置も検査路のときと全く同じ!
全てプラ用接着剤で貼り付ければよいわけでして。。。
ですので、作業自体には新味はありません。

だだ、水平&鉛直のずれが出ますと
見栄えが非常に悪くなりますので
据え付け精度管理はしっかりしておかねば。。。

では、早速参りましょう!
まずは。。。
2cvtddscn8532.jpg
長さの短い区間から。。。
2cvtddscn8533.jpg
順にぺたり。
左右対称となります側にも。。。
2cvtddscn8536.jpg
同様に設置完了。
視点を変えて状況を確認してみます。
2cvtddscn8539.jpg
頂上部分に手摺を設けただけですが
それだけでメカニカルな雰囲気が出てきたような。。。

”できるかな?可動橋を創る。。。”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事