FC2ブログ

記事一覧

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー76~ホーム側面のウェザリング

コルクボードレイアウトの製作の続きです。

今回は構造物単体の塗装のお話、
ホームの側面のウェザリング(汚し表現)についてです。

新製直後の構造物であれば
この作業は不要なのですが、

”まっさらな””まだ誰も使っていない”
構造物よりも、

”使い始めて時間が経っている”
”誰かが使っている”構造物の方が
そこに暮らしている人の営み、
時間の経過を感じさせるように思います。

今回のレイアウトでも技巧の問題はあるにせよ、
何らかの表現ができればなあ
と思っております。

今回とりあげるホーム側面のウェザリングは、
建物の壁によくつく黒っぽい雨汚れをイメージしています。

作業は至って単純でして、
もとの塗装(ラッカー系)を侵食しないよう、

エネメル系塗料のつや消し黒を
薄め液でうーんと薄めまして

それを筆や綿棒にとり、
ティッシュでぬぐってパサパサになったもので
表面になすりつけていきます。

雨汚れですので、
ホームの床面側から路盤側に向かって
上下方向になすりつけていきます。
cvtddscn2530.jpg
写真に写っている2つのホームのうち、
下にある方のホームがウェザリングする前、
上の方が実施後です。

もう少しズームしてみましょう。
cvtddscn2532.jpg
違いがおわかりいただけますでしょうか?

ただ、毎回悩むのが
どの程度にとどめるのか?

やり過ぎるとくどくなりますし、
やらなさ過ぎると効果がわからなくなるし。。。

毎回悩みどころです。
まだまだ技量不足でして。。。
cvtddscn2535.jpg
直線ホームに続いて
曲線ホームも同様に実施していきます。

ホーム天端と色の違いが分かる角度で
写真を撮りますと。。。
cvtddscn2538.jpg
もう少し濃いめに実施すべきだったかなあ。。。

今回はこの程度にして
どうしても気になるようであれば
後日再度トライしてみることにします。

コルクボードレイアウトの製作は
まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事