FC2ブログ

記事一覧

夏の旅2016~旧中山道塩名田宿を歩く vol.5:こんなレトロな建物も。。。-2

旧中山道の塩名田宿を巡る旅の続きです。

引き続きメインストリート沿いの
気になる建物について触れます。

前回ご紹介した日野屋菓子店の隣にあったのが。。。
cvtd6-DSCN3194.jpg
”若狭屋”の屋号を掲げる釣具店。

目新しい立て看板や
一枚ガラスのアルミサッシの扉に
更新された正面玄関など
現役バリバリの商店のようです。

1階部分は大分手が入っているのは残念ですが、
古い建物が今も大切に使われているのは
何とも嬉しい限りです。

建物は妻面の塗り壁が大胆に剥がれていたり
2階の窓のつくり、

さらには屋根には煙出しの破風屋根が載っているなど
古さを感じさせつつも
なんとも風情を感じさせるものがあります。

もう少し先に行ってみましょう。

このメインストリートの中心付近、
塩名田のバス停近くにあるのがこの建物。
cvtdDSCN3115.jpg
佐越 佐藤家住宅。

妻面はトタンらしき板で更新されてはいますが、
それ以外は昔のまま?

正面玄関に見えている太い梁、
これが定規のような直線ではなく、

樹木の幹を縦に割ったような、
自然な曲線をそのまま生かしているのが
何とも味わいがあり、時代を感じさせます。

この建物には説明板が掲げられています。
cvtdDSCN3119.jpg
1831年の見取り図についての記述がメインで
いつ頃の建物かは記載がありません。

江戸時代からの建物であることは
間違いないようですね。

もう少し先に行きましょう。
cvtd10-DSCN3184.jpg
”藤屋”の屋号看板が見えます。

しもたや(商売をやめて閉じた店舗建築)のようですね。

掃き出しの窓はアルミサッシに更新されてますが、
それ以外は木造の風合いや
エイジングがかった壁が残されていて
好感が持てます。

この建物の斜め前には。。。
cvtd7-DSCN3132.jpg
今回ご覧いただいた中では
比較的新し目とおぼしき建物。

これもしもた屋のようですが、
ガラスカウンターの跡らしきものが残る玄関まわりや
たばこの自動販売機、

郵便ポストが建物前に建っているところを見ると
元たばこ屋。。。でしょうか?

真夏のまっ昼間、
少しだけ開いた玄関扉や
白いカーテンが靡いている掃き出し窓、
家の前に置かれた鉢植え。。。

夏らしい生活感を感じさせますね。

ほっとするひとときです。

さて、塩名田宿を巡る旅やいよいよゴールに。。。
あともう一回だけ、おつきあいください。

それでは!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事