FC2ブログ

記事一覧

T-Trakで想像&創造の旅2019 vol.62 ~ 恐らく二度と入手できないてあろう屋根瓦を。。。?

”T-Trakで想像&創造の旅2019”の続きです。

前回は。。。
19JUN15_dscn0558.jpg
シームレス背景版。。。のように見えますが、さにあらず。
遠景の緑の材料(フォーリッジクラスター)を貼り付けるための壁を
製作したお話でした。

さて、今回は。。。
自作建物に手を入れて参ります。

お気づきの方もおられたかと思いますが、
実は。。。

まだ屋根に屋根瓦がついておりません。

建物に組み込んでおいて
塗り分け塗装で。。。なんてのもできなくはありませんが、
そのためにマスキング作業をするのが億劫になりまして。。。

いえ、1棟・2棟でしたらまあ、やれなくもないんですが、
今回は7棟!

ひたすら7棟分マスキング。。。なんて、想像するだけで嫌になります。

そこで建物と屋根瓦とは別々に塗装しておいて
最後に接合して。。。でいこうかと。

今回適用します屋根瓦は。。。
19JUN16_dscn0557.jpg
この製品。

Nスケールのレイアウトやジオラマをやられている方は
”ああ!あのメーカーのあの製品ね!”とピント来るかと思いますが。。。

こばる社製の屋根瓦です。

おそらく、Nスケールの建物用としては一番出来の良い素材かと。

ただ、大変残念なことに”こばる社”、
今月で鉄道模型事業から撤退(廃業)だそうでして、

どこかで金型を引き継ぐ話が聞こえてこないとこからすると
おそらくもう二度と入手できなくなるかと。。。
(すでに店頭在庫は払底しているかと思います)。

そんな貴重品であるが故、
今回の作品へ適用するのに躊躇しましたが、
もう、背に腹は代えられず。

これで行きます!

やることは単純でして。。。
19JUN16_dscn0559.jpg
建物の屋根サイズにあわせてピースを7棟分カット、
灰色を吹き付けて。。。
19JUN16_dscn0562.jpg
建物に接着しておしまい!です。

作業は至極単純ですが、
やはり数が多いのは手間がかかりますね。

これで自作建物、屋根瓦もしっかりつきました。
折角ですから昨日ご覧いただいたばかりの”シームレス背景版もどき”と
漁船の船体と一緒にならべてみましょうか。。。
19JUN16_dscn0573.jpg
ボードに置いて全景を眺めて。。。
なんて視点から。

視点を下げて参ります。
19JUN16_dscn0574.jpg
ズームしてみます。
19JUN16_dscn0575.jpg
今度は反対側から。。。
19JUN16_dscn0577.jpg
建物&漁船は少し先になりますが
まだ手を入れていきます。

”T-Trakで想像&創造の旅2019”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

舟屋

こんにちはです。

屋根瓦が付き、建物自体も格好がついて、ますますイメージ的に伊根の舟屋に近付きましたね。
カッティングマットのグリーンが海に見えるのは私だけ?(笑)

こばるさんは非常に残念です。
私も今後必要になるであろう素材は買っておきたいところですが、もう先月ぐらいから枯渇しています。

Re: 舟屋

がおう☆ 様

こんばんは!
ありがとうございます。

おお!カッターマットの色、よくぞお気づきくださいました。
情景の正体を明かしたときの記事中にカラーリングのテストピースもちらっと写ってたんですが、
海の色をエメラルドグリーン系でいくつもりでして。。。

山陰海岸を旅したときに目にしたあの色がどうしても忘れられなくて
どうにかして再現したい!と思っております。
(かなり主観が入った表現になろうかと思いますが。。。)

こばるの廃業の件は、特にストラクチャーのスーパーディテールに凝られている方には大打撃だったかと。
小生も自作建物が必要な場合には。。。なんて考えてましたので
まさか手元のストックでおしまいになるなんて思ってもみませんでした。

どこか商品を引き継いで下さる業者、
あるいは同レベルの商品を新規にリリースして下さるメーカーさんが現れてくれると
大変助かるんですけどね。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事