FC2ブログ

記事一覧

T-Trakで想像&創造の旅2019 vol.46 ~ 今のうちに電飾関係の作業も。。。

”T-Trakで想像&創造の旅2019”の続きです。

前回は。。。
19May30_dscn0085.jpg
難航しておりました自作建物の製作、
屋根が出来上がって建物のドンガラが姿を現した。。。そこまでご覧いただきました。

あとは屋根瓦の取付け、塗装、さらにはヒサシ、手摺など小物類を取り付けて完成!
となりますが、それはまたおいおい。。。
(おそらく締め切り間際になるかと。。。)

さて、今回は。。。
建物に関わる。。。と言えば関わりますが、
毛色の違った話を。

今年の作品には昨年の”動く橋”のようなギミックはありませんが、
コンテスト当日、いやむしろその後、来年1月に開催されるであろう
”ベストオブレイルコンテスト(T-Trak懇親会)”の夜景運転に備えまして、

今回の作品にも電飾を組み込みます。

昨年まではお手軽さ第一で
ポポンデッタ製(以下、ポポと称します)の
電飾製品(LED照明)を使ってきたのですが。。。

昨年秋頃でしたでしょうか、ポポの秋葉原店で
1個¥100でたたき売りしていた。。。
19May31_dscn0089.jpg
同社製の”増設用アダプター”(旧仕様)を購入しておりまして、
今年はコレを利用して自作してみようかと。

後述しますが、何を隠そう、
実は同社電飾製品に使われております
差し込みピン(プラグ)の正体を知ってしまいまして、

それならば自作の難しい照明柱を除いて同社のLED製品は使わず、
市販のLEDで安く賄ってしまおう。。。
そんなことを考えたのであります。

長くなりました。早速作業を。

コンテストのレギュレーションでは
電飾などに使う電源は各自用意せよとのこと。
従って事実上、乾電池から給電せねばなりません。

そこでまずはこの増設アダプターを
電池ボックスに接続すべく。。。
19May31_dscn0090.jpg
増設アダプターのコードを切断。

ここで登場しますのが。。。
19May31_dscn0091.jpg
某電子部品店で調達してきたご覧のDCジャック。
裏返しますと。。。
19May31_dscn0092.jpg
こんな具合ですが、ここに。。。
19May31_dscn0135.jpg
先ほど切断した増設アダプターのうち、
多連装のジャックのついた方のリード線をハンダ付け。

これで電源供給はクリアできた筈。。。です。

念のため、乾電池&ポポ製の照明柱ユニットを差し込んで
通電確認してみましょう。
19May31_dscn0096.jpg
お!
19May31_dscn0095.jpg
大丈夫そうですね。

では、続いて照明柱以外の電飾について。

全て建物内部に仕込むつもりでいまして、
ともかくそれらしく光ってくれれば宜しいので。。。
19May31_dscn0097.jpg
ごくごく普通の砲弾型LED&抵抗を用意。
あとは。。。
19May31_dscn0137.jpg
ちまちまとハンダ付けしてリード線に接続していきます。

そうそう、ポポ製の電飾システムの差し込みピン、
実は。。。
19May31_dscn0138.jpg
電子部品屋で1個○△円で売っている汎用品だったとは!
(具体的な単価は。。。安すぎて書けません。。。)

その事実を知ってしまったからには。。。
もう自作で賄うしかないでしょう!

もちろん、少々手間ではありますが。。。
19May31_dscn0139.jpg
とりあえず、必要量全て加工完了しました。

これで先ほどの増設プラグに差し込んでしまえば
いつでも点灯OK!です。

”T-Trakで想像&創造の旅2019”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト



コメント

白鳥は優雅に泳いでいても

なるほど!電飾がきれいだなーと思ってみている光景の裏側では、こういう地道な配線があってこそですよね、当然。
灯りがあると、そこにひとの生活というか息づいてる感じがあっていいですね。

Re: 白鳥は優雅に泳いでいても

中林20系 様

こんばんは!
おおっ!コメントのタイトル、まさに的を得た例えですね!

そうなんです。
表現する情景が夜のシーンでなくとも電飾は入れておくとこれまた結構楽しめるんですよね。

建物ができたら則、照明も出来上がってて楽ちん。。。なんてわけにもいかず。
電源から電線をどう引き回してどこに接続して、LEDはどの辺に設置したら。。。
なんて検討、大変地味ではありますがしっかりやっておかないとあとあと。。。

まあ、出来上がったときの姿を想像しつつ、作業を続けて参ります!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事