FC2ブログ

記事一覧

A1パネルで小型レイアウト vol.96 ~ 川の岩、彩色はじまりました!

”A1パネルで小型レイアウト”の続きです。

前回は。。。
19Apr07_dscn8931.jpg
川底&川岸に固定した岩、サイズが大きくそのままでは見苦しい隙間を
軽量紙粘度で埋めていった。。。そこまでご覧いただきました。

さて、これで準備が整いましたので。。。
今回からいよいよ岩の彩色にとりかかります。

もっとも、一回で完了!ってワケには参りませんでして、
出来上がったトーンを見ながら何度かに渡って。。。
なんてことになろうかと。。。

ともかく、作業にかかりましょう。
今回は彩色の”第一層目”に相当しますが、
使用します塗料はアクリルガッシュ。

ホワイト、ブラック、ローアンバーの3色から調色し、
水でうーんと薄めて。。。
19Apr08_dscn8932.jpg
様子見しながら塗っていきます。
19Apr08_dscn8935.jpg

19Apr08_dscn8936.jpg

19Apr08_dscn8938.jpg

19Apr08_dscn8934.jpg

19Apr08_dscn8939.jpg
まずは片側が完了。

続いて対面も。。。
19Apr08_dscn8946.jpg

19Apr08_dscn8948.jpg

19Apr08_dscn8950.jpg

19Apr08_dscn8947.jpg
同様に。

これで白一色だった世界、ようやく雪解けしてきました。

続いて二層目を。。。

”A1パネルで小型レイアウト”、まだまだ続きます。

それでは!
スポンサーサイト

コメント

血が通ったかのような

いや、大地ですから血が通うはおかしいのですが、いきなり息を…いや、これも変ですね。
いきなり“景色”が現れはじめて、とても驚いてます!拝見しつつ鳥肌が立ちました。モノクロームの思い出に色がつくような…そりゃ大滝詠一だ(笑)。
ワクワクしてます!今後も楽しみです!

Re: 血が通ったかのような

中林20系 様

こんばんは!ありがとうございます!

ようやくにして雪景色から脱することができました。
やはり色が付くと作業していてもワクワク度が俄然変わってきますね!

ただ。。。川にある岩肌の色表現ってホント難しいです。
グレー一色塗っておしまい!ってわけにもいきませんでして、
実景の写真なんぞ観察してみますと思わず”うーん。。。”。
黒っぽいのがあったり、逆に白味が強かったり。。。これがまた目移りするもんで。。。

試行錯誤の顛末やいかに?引き続きご笑覧くださいませ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事