FC2ブログ

記事一覧

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-117~メインストリートの踏切板製作-2

コルクボードレイアウト製作の続きです。前回はメインストリートの踏切板を材料から切り出すところまでいきました。今回はそれらをプラ用接着剤で貼り合わせていきます。早速作業に入りましょう。これは丁度3枚のうちの2枚を貼り合わせ、表面部分に木目を表現した直後の状況です。この作業も信号所や駅構内の踏切板の製作で既に何度もやっていますので大分勘所が分かってきましたよ。最後の一枚を貼り合わせますと。。。脱線防止用...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-116~メインストリートの踏切板製作-1

コルクボードレイアトの製作の続きです。ここしばらく続いていました踏切板の製作、しょうこりもなく続けます。今回はメインストリートの踏切です。写真はバラストの彩色途中のもので大変恐縮ですが。。。製作方法は以前の記事とほぼ同じ。ただし、注意点があります。それは。。。線路線形がカーブなのでそれに応じた形状に加工する必要があることです。以前、駅の構内踏切の部分もカーブレールでしたが、ここは踏切板の幅が狭く平...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-115~信号所ほかで雑草にょきにょき?

コルクボードレイアウトの製作の続きです。今回は狭いところに生えている雑草を表現してみます。山間部や築堤など面積の広いヶ所は早い段階で表現していますが細かい部分は全体がある程度見えてきてから。。。ということで後回しにしておりました。いよいよ、そんなヶ所にも雑草の魔の手が。。。まずは信号所の敷地。踏切板の製作の時点では。。。こんな感じにまで仕上がってきました。が、いくら人の手が入った敷地とは言え、草が...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-114~駅構内踏切の踏切板の製作

コルクボードレイアウトの製作の続きです。今回は駅の構内踏切の踏切板の製作に着手します。製作方法は前回までの信号所のそれと同じ。ただし、構内踏切部分のレールはカーブレールですのでレールの平面寸法および踏切に続く連絡通路の平面形状を。。。予め確認しておきます。あとはこの情報をもとに部材寸法を決めていけばいいわけです。ちなみに駅構内部分の踏切の幅は比較的狭いため、曲線レールの曲率の影響は考慮せずとも直線...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-113~信号所の踏切板の製作-3

コルクボードレイアウトの製作の続きです。信号所の踏切の製作はレールの外側部分の加工まで完了しております。さて、今回はレールの内側部分についてです。ここには渡り板だけでなく脱線防止用のレールが踏切板の両サイドに着いているのが通例。ですのでこの表現もしっかり行います。その前に。。。今回のレイアウトでは全ての踏切の渡り板を木製の古枕木の転用をしたものと想定します。ですので、前回製作した外側部分も含めこの...

続きを読む

こんなのがありました!おやっさんたちと軌道自転車!

コルクボードレイアウトの製作で信号所の連絡通路の製作&仮置きを行ってたところ、同じ敷地にある詰所の前あたりから”おーい!”と呼ぶ声が。。。あっ!保線のおやっさん!いやー、ホントご無沙汰してます。ご無沙汰じゃないよ、まったく、もう!(ぷんぷん)。購入してからストックしたまんま俺たちずーっと出番なし。ひどいじゃないか!折角日の目をみたんだからちゃーんとブログで紹介してくれよ!あ、そうそう、レイアウトにも...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-112~信号所の踏切板の製作-2

コルクボードレイアウトの製作の続きです。前回、信号所への踏切部分、踏切板として”斜角”のついた平面形状のものを製作してみました。が、どうにもキニナル。もともと信号所の敷地が狭いので致し方ない面もありますが、このままですと敷地内に入った車が転回して外に出ることが難しそう。増してや信号所の階段下まで乗り付けるのはさらに。。。せっかくそのような想定で建物配置まで考えたのに。。。うーん。。。とうなりつつ考え...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-111~信号所の踏切板の製作-1

コルクボードレイアウトの製作の続きです。今回はいよいよ信号所の整備に着手します。山間部、メインストリート沿いの集落、漁港。。。はかなり進捗して参りましたが、信号所については春から夏にかけて実施した地面の彩色のほかは全く手つかず。手元に用意しておいたGM製のストラクチャー2棟(信号所および詰め所)を仮置きしただけでした。その理由は単純明快、イメージが固まっていなかったためです。レイアウトを製作される方...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-110~手すりの仮置きで構内通路は?

コルクボードレイアウトの製作の続きです。今回は前回製作した手すりを連絡通路のスロープに仮置きして様子を見てみましょう。その前に、取り付け用の孔をスロープ部分にピンバイスで開けていきます。スロープは0.5mm厚のプラ板で出来ていますので作業はEasyです。では早速、製作した手すりの支柱部分を先ほど空けた孔に差し込むようにしてスロープ部分に置いてみますと。。。こんな感じです。未塗装状態ではありますが何もない状...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-109~駅構内通路の手すりの製作

コルクボードレイアウトの製作の続きです。今回は駅舎の前にあるホームへの連絡通路の手すりを製作します。まず状況をご覧いただきましょう。連絡通路の平面部分には以前ご紹介しましたコンクリートタイプの鉄路柵を設けることにします。一方、スロープ部にはホームのスロープ部と同じ鉄パイプ製をイメージした手すりを取り付けることに。製作はホームの時と同じ、”針金細工”よろしく黄銅線の加工でいきます。何度か製作しています...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-108~船揚場の台車ほかの塗装

コルクボードレイアウトの製作の続きです。前回は信号所側のトンネル直上の樹木の植え替えを行いましたが、同様の作業を駅舎側のトンネル口についても実施します。まずこちらは作業前の状態。オランダフラワーベースの樹木を追加しますと。。。こんな感じに。違いがおわかりいただけますでしょうか?さて、今まで保留にしていました事項を少しずつ片付けていきましょう。今回は船揚場の塗装。この状態のまま大分時間がたってしまい...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-107~トンネル上の樹木の植え替え

コルクボードレイアウトの製作の続きです。Y字ポイントのトラブル復旧作業完了後、列車の試運転を行いました。ポイントの切り替え、通電性ともに問題なしでめでたしめでたし。。。だったのですが。。。今回は信号所隣のトンネルの出入り口のあたりについて。一頃に比べ、大分鉄道らしくなってきてはいますが、トンネルポータル(トンネルのまわりを囲んでいる石垣)真上にある樹木が気にかかりました。トンネル口の左右の樹木は近...

続きを読む

ジョイント音の記憶~vol.19 えっ?長電の元特急車?-2

勾配の急なあぜ道を上りきり、林の中を抜けると峠野温泉駅の裏手、ちょうど電留線の前に出た。カメラを取り出すべく背負っていたデイパックを漁ってみると出てきたのは。。。10年以上前、旅によく持ち歩いていたズームレンズ付のEOS100、銀塩カメラ!何でこれなんだ?とうの昔にに手放したはずなのに。。。腑に落ちない思いで駅構内の様子を眺めていると遠くから踏切の鳴る音が聞こえてきた。そろそろイベント列車が戻ってくる時刻...

続きを読む

ジョイント音の記憶~vol.18 えっ?長電の元特急車?-1

気がついたらここにいた。野中の踏切の前。すでに警報機が鳴り出している。矢印表示からするとどうやら列車は向かって左手からやってくるらしい。一体ここはどこ?近づくジョイント音。ぷぁん!警笛一発。と、やって来たのは。。。マルーンに白帯、全面二枚窓の電車。え?これって、長電で走ってた元特急車2000系!?嘘だろ?廃止になった長電屋代線の信濃川田駅で今年の夏に見かけたばかりだぞ!頭の中に”?”がいくつも浮かんでい...

続きを読む

あの情景を再び。。。写真をポストカードにしてみませんか?

今回はレイアウトの新たな楽しみ方の提案を。。。11月も半ばを過ぎ、そろそろ年賀状の準備が気にかかり始める頃かと思います。最近は年賀状を出さない方も増えているようですね。小生も儀礼的な賀状交換はご辞退申し上げておりまして、特に親しい方、あるいは小生の趣味にご理解のある方のみにお出しするようにしております。もちろん、必ず一行手書きでメッセージを添えて。。。そう言えば今年はどのような図柄にしようか?って悩...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-106~道床のオイル汚れの表現

コルクボードレイアウトの製作の続きです。前回でY字ポイント交換前の状態にまで復旧しました。今回はその先の作業にいきましょう。といいつつもまたもや道床の色つけですが。。。ポイントレール部分の道床についてはまだ手をつけていませんでしたのでここをやっつけてしまいましょう。とは言うもののこの作業をしくじってポイントレールをおしゃかにするリスクはあります。もうレール撤去工事はこりごりですので慎重には慎重を重...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作-105~道床の彩色again!

コルクボードレイアウトの製作の続きです。Y字ポイント交換に伴う復旧工事、今回はバラストの彩色まで行いましてポイント交換前の状態に戻します。これが作業前の状態です。では、作業開始!以前UPしたバラストの彩色と手順は同じでありまして。。。パステルの粉末を小筆でちょいちょい。妥協できる状況になりましたら木工用ボンド水溶液を振りかけて色素を定着させます。この作業を始めてしばらくは。。。バラスト散布時と同じ...

続きを読む

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事