FC2ブログ

記事一覧

ジョイント音の記憶~vol.16 え?古豪・峠のシェルパ復活?-1

<シーン1 棚田下踏切にて 鉄道ファンA氏のモノローグ>夏休みの保存鉄道のイベント列車、いやー、面白かったなあ。レストラン列車あり、謎の自走貨車あり。。。今日もきっと変なのが来るんだろうな。。。お!踏切が鳴り出した!(ジョイント音とともにトンネルから一条の光が現れ、やがて。。。)来た!茶色の旧型のロコ(機関車)!その後ろには旧型客車!オハ35系だな。え?最後尾に先頭と同じ機関車が3両も!しかも車輪がム...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー64~街灯の仮設置作業

コルクボードレイアウトの続きです。今回は集落内の街灯の配線と仮設置を行います。以前、ホーム付近の電飾の話で触れましたが、使用する街灯は既製品(ポポンデッタクラフト製)。レイアウト上に設置するには設置位置の地面に孔開けしてからコネクターを含むリード線をそこから”地下”に通し、コネクターを専用のホルダーに接続してOK!となる筈なのですが。。。Easier said than doneとは良く言ったものでして。。。作業をざっと...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー63~ホーム天端の再塗装

コルクボードレイアウトの製作の続きです。緑化や植樹の作業が一段落してきましたので(まだ細かいヶ所は残っていますが。。。)、そろそろストラクチャー類(建物や各種設備などの構造物)のブラッシュアップに着手しましょう。まずは手始めにホーム天端(人が歩く部分)を再塗装してみます。既にホーム全体の塗装は済んでいますが、あくまでホーム新造直後の色に相当してまして、このままだとあたかも開通して間もない新線のよう...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー62~漁港付近の植樹状況

コルクボードレイアウトの製作の続きです。近景用の樹木の植樹を続けています。情景として一番目につくヶ所に設けますのでどうしても気になって仕方ありません。なにしろこの作業如何で情景の雰囲気ががらっと変わりますので、力が入るのも無理はないのですが。。。海の表現が現時点で未着手とはいえ、漁港周りも大分雰囲気が変わってきました。前々回よりも木の本数を増やしたり、一旦設置した樹木を別のものに取り替えたり。。。...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー61~テストピースによる海の色の検討

コルクボードレイアウトの製作の続きです。今回は樹木の話から離れて、漁港の海の表現について検討してみます。実際の作業は樹木関係の表現や岸壁など漁港がらみの製作(岸壁側面のウェザリング、防舷材の取り付けほか)が完了してから実施する予定です。ですので慌てることはまだないのですが、実作業直前にばたばたする前に今のうち表現方法を探っておこうとテストピースで簡単な検討を行ってみました。現時点で海に相当する部分...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー60~近景用の樹木の設置④

コルクボードレイアウトの製作の続きです。近景用の樹木の植樹をさらに進めることにします。まずは前回の岩部分についてさらに木を増やして様子をみてみます。岩の頂上部分が樹木の緑で隠れてきました。大分、理想的な姿に近づいてきたような。。。船揚場付近も以前のけやき1本に加え、近景用の樹木を何本か植え込でみました。様子はどんなもんでしょう?けやき1本だけ置いた場合よりも緑の囲まれ感が強くなってきました。そうそう...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー59~近景用の樹木の設置③

コルクボードレイアウトの製作の続きです。引き続き近景用の樹木を設置します。今回は以前軽量紙粘土で製作した大きな岩に植樹することにします。まずは海から向かって左側の岩から。。。一旦レイアウトから取り外した岩にコースターフで下草表現した後、岩本体にピンバイスで孔開け、根元に木工用ボンドを塗った樹木をそこに差し込んで完成。。。といった要領でいきます。まだ植え始めたばかりですが、この時点ではこんな感じです...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー58~近景用の樹木の設置②

しばらく間があきましたがコルクボードレイアウトの製作の続きです。近景用に製作した樹木を情景を確認しながら据え付けていきます。今回は曲線ホーム裏の民家・商店の庭先や漁港の建物付近を対象とします。まず、ホーム裏の樹木を駅舎に近い方から。。。レイアウト中に高さのあるものを入れるだけでも”おおっ!”と感じさせられるのですが、これに緑が加わると情景の雰囲気がまた変わってきます。民家・商店の庭先の植樹をすすめる...

続きを読む

夏の旅2016~上信電鉄下仁田駅の情景 vol.8:ゴール!でも何かが。。。

下仁田駅の小さなラウンドトリップ、いよいよラストです。怪しい看板のある駐車場から先に進むと。。。下仁田駅の駅舎と隣接するタクシー会社の事務所の建物が見えてきました。向かって右手が下仁田駅。駅舎の端部、”コバ”に相当する面が見えます。一方、左手がタクシー会社事務所。後者の建物も木造で中々味わいがあります。もう少し、ズームして。。。色あせた緑色の下見板の壁、夏らしいすだれ、夏らしくない銀色の煙突がなかな...

続きを読む

夏の旅2016~上信電鉄下仁田駅の情景 vol.7:終着駅の情景+謎の看板

下仁田駅の小さなラウンドトリップの続きです。前回は白石工業のコンクリ造倉庫を観察しました。ゴールが近づいて参りました。さらに先に進みましょう。倉庫の先を行くとちょっとした空き地が。お邪魔して駅構内を覗いてみると。。。ここも電車の好撮影ポイント!しまうま電車がよーく見えます。これもホーム対面にとまっている真っ赤なマンナンライフ号と同様、西武鉄道からやってきた車両。どちらも西武時代は101系を名乗ってい...

続きを読む

夏の旅2016~上信電鉄下仁田駅の情景 vol.6:マル通マークの。。。

下仁田駅の小さなラウンドトリップの続きです。今回はさらに下仁田駅に向かって線路沿いの町道を歩いて行きます。途中、線路に面した空き地から駅の方向を眺めると。。。絶好の車両撮影ポイント!丁度、しまうまカラーの電車がよーく見えます。ホームと反対側のドアを全開にしてますね。しばらくは発車しないのかな?先に行きましょう。今回のお目当てはこちら!日通のマル通マークと白石工業の社名の入ったコンクリ造倉庫です。こ...

続きを読む

夏の旅2016~上信電鉄下仁田駅の情景 vol.5:あの倉庫の正体は。。。?

下仁田駅の小さなラウンドトリップの続きです。木造&レンガ造りの倉庫群に続き、またしても倉庫!しかもまた違った構造の建物のようです。その正体は。。。?今いるこの位置ではわかりませんので、とりあえずこの倉庫の脇を抜け、踏切を渡り、対岸から観察してみましょう。踏切を渡ってふと、下仁田駅の方を眺めると。。。しまうまカラーの電車にマンナンライフ号、保線車両が勢揃い!もうこれ以上、先には進めません。。。といっ...

続きを読む

夏の旅2016~上信電鉄下仁田駅の情景 vol.4:煉瓦造りでワシも考えた。。。

下仁田駅の小さなラウンドトリップの続きです。前回は木造倉庫でしたが、今回はさらに奥の方、ちらっと見え隠れしていた”あの”倉庫をみてみましょう。それは。。。そう、レンガ造りの倉庫です。先ほどの木造倉庫もそうですが、こちらも相当の年期が入っています。場所が場所だけに下仁田駅開業当時からの建物?とすると明治・大正・昭和・平成と4つの時代を生きながらえてきた建物ですね。同じレンガ造りでも向かって左側は寄せ棟...

続きを読む

夏の旅2016~上信電鉄下仁田駅の情景 vol.3:旅行ガイドブックには載っていない。。。?

下仁田駅の小さなラウンドトリップの続きです。今回は駅構内に隣接する下仁田駅名物?の”ある建物群”を見てみましょう。それは。。。倉庫!大量に立っているとまでは言えませんが、そのバリエーションの多彩さは中々のもの。下仁田は上毛かるたの文面でもおわかりの通り、ねぎとこんにゃくで有名な町ですが、炭酸カルシウムのパイオニア、白石工業という企業の”企業城下町”という側面も有しているのだそうです。近くには同社の炭酸...

続きを読む

夏の旅2016~上信電鉄下仁田駅の情景 vol.2:駅に集う面々は多士済々!

下仁田駅の小さなラウンドトリップの続きです。駅を出て右側、高崎方向を線路沿いに歩いてみますと、最初に目を引くのが駅構内の様子。下仁田駅は島式の旅客ホーム1面と留置線を含む6組の線路で構成されていますが、我々が今いる側に最も近い位置に鎮座している?のが、この貨車たち。鋼製有蓋貨車のテム1と呼ばれるタイプ。袋詰めの生石灰を輸送するために1961年に製作されたもので、輸送量減少のため1986年以降廃車になったそう...

続きを読む

夏の旅2016~上信電鉄下仁田駅の情景 vol.1:群馬県人なら誰もが知っている。。。?

当ブログにご来訪いただきましてありがとうございます。残暑お見舞い申し上げます。小生の恒例行事になっていますが灼熱の関東平野を脱し涼を求めて信州方面へ一人旅に出ました。今回からシリーズで”夏の旅2016”と題してその旅で出会ったシーン、特に鉄道模型レイアウト製作の情景表現のヒントとなりそうなネタを中心に綴って参ります。さて、旅の移動手段は。。。鉄道ファンなら列車でしょ!という声が聞こえてきそうですが。。。...

続きを読む

実践:コルクボードを使ったレイアウトの製作ー57~近景用の樹木の設置①

コルクボードレイアウトの製作の続きです。前回製作しました1stロットの樹木を早速レイアウトに据え付けてみましょう。これが完成した樹木群の一部の姿です。まずは山間部の下草部分、駅前から伸びるワインディングロードの山側の領域ですね、そこから植え込んでいきましょう。まず、植樹前の状況、前々回ごらんいただいた”けやき”を設置した状態の写真がこれです。駅前から山道を眺めたイメージですと、着手前はこんな感じです。...

続きを読む

プロフィール

たいやきやいた

Author:たいやきやいた
99年に鉄道模型趣味を再開。その奥深さに魅せられレイアウト製作を中心に楽しんでいます。

最新記事